心の独り言や雑念が消えて常時無の境地になる呪文

◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯
◯◯◯なれーてめわ・らみめーこ・ぎぜぜ◯◯◯